エッセンシュピール新作「ゲーマ―オーバー!/GAMER OVER」販売開始

イベント

名古屋のボードゲームショップ「バネスト」 https://banesto.nagoya/ は目利きに優れ、いち早く流行りのボードゲームの販売を行っていることで広く知られている。

同社は今年2019年のエッセンシュピールで発売された新作マーダーミステリー「 ゲーマーオーバー! /GAMER OVER」をゲームマーケット秋に発売することを発表した。

マーダーミステリーでは物語を読み解くことが大前提であり、これらの日本語化キットを同社は付属させるとのことなので安心して遊べるはずだ。

本ゲームのプレイ人数は7-8人程で、180分程のプレイ時間として公表されている。

出版社は「アズール」「パンデミック」で有名なPegasus Spiele/ペガサスシュピール。

概要

これらはネタバレや直接的なシステムを含まない。
BGGからの情報や動画配信サイト「ダイスチャンネル」を噛み砕いてまとめたものである。

本作は有名なYoutuberがプレスエリアで殺害されたことから始まる。
プレイヤーは容疑者から犯人や方法を暴き出さなければならない。

本作は古典的な殺人ミステリーゲームである。
参加プレイヤーは犯罪事件に巻き込まれるという設定だが、そのうちの1人は犯人である。
通常のマーダーミステリーと同じく、プレイヤーが解決するためには対話が必要であり、犯人は「嘘」をつくことが可能だ。

本作の特徴としてはプレイヤーが直面した行動によって展開するストーリーである。。
プレイヤーはゴールだけが目的ではなく、これらの要素を十分に楽しめることだろう。

本作のデザイナーはミステリー小説や、ボードゲームの製作を手掛けるクラウス・ステファン(Claus Stephan)だ。
同氏はレース・フォー・ザ・ギャラクシー等、数多くの著名なゲームを発表しており信頼が厚い。

あちらこちらに散りばめられた伏線やヒント、また、ユーモア溢れる物語でプレイヤー全員を楽しませることだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました