「マーダーミステリーの作り方」が期間限定で有料公開

話題

マーダーミステリーの作り方、が有料として公開され好評である。

情報の鮮度、つまり拡散を嫌ってか、期間は一定とのことだった。

マーダーミステリーは言うまでもないが謎解き+物語である。

マーダーミステリーには基盤とも呼べるシステムがあり、このシステムを軸に物語を組み込めば意外と簡単に作ることが出来るのだろう。

稚拙だが筆者も上海でマーダーミステリーの元になる脚本を提出した過去がある。初めはとある演劇主体のファンコミュニティからメッセージで「これを使わせてほしい」との依頼だった。

いくつか条件はあったのだが、特に面倒だったのは指定のプロットに落とし込む作業だった。この作業は上海で行われる「真人密室逃脱遊戯」に使うから必要だと言う。

あとあと「ああ、あれはマーダーミステリーのことだったのか」と理解した。

聞けば彼らは、そのプロットに加えるだけでマーダーミステリーが作れるシステムがあるのだと言う。

ところで、日本や中国では新しい物語が流行っているようだが、欧米諸国では「アガサ・クリスティ」等の著名な物語に「マーダーミステリーシステム」を加えて追体験をすることが多いようだ。

今回のシステムがどのようなものかはわからないが、元々小説を作りたい、もしくは作っている方は多いはずである。

出来合いの物語があるのであれば、この「作り方」を基にマーダーミステリーとして新たに生まれ変わることが出来るのかもしれない。

これを機にたくさんのマーダーミステリーが生まれれば、もっと個人で遊べるマーダーミステリーが増えるのだろう。

とても楽しみだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました