人が死なないマーダーミステリーの新しい呼称

話題

マーダーミステリーとは文字通り殺人ミステリーである。

しかしながらこのひとが死ぬ、殺戮がある、憎しみ合いが生まれる、ということを避けたい方は多い。筆者も同じである。

そういった物騒な物事に影響を受けやすい人間にとっては、それをロールプレイするということに苦痛を覚える方も居るからだ。

このように「殺人が起きない」マーダーミステリーはとても需要があると思う。

元々マーダーミステリーは「殺人」ではなく没入型の新しいミステリーだと私は考える。

実は2000年頃からイマージブシアターと呼ばれる演劇が流行っている。

これは観客との関係性を演劇が持つというものであった。観客との問答で内容が変わってくるというのは非常に面白い試みであったが、日本での上演は赤坂を中心とした高価格帯での設定であったために、あまり広まらなかったようだ。

私個人としてはとてもおもしろく、芦毛なく当時は通っていたのだが。

余談はともかく、マーダーミステリーはこのようにイマージブミステリーと置き換えることは十分できる。

さらに私は「嘘」をつく必要性のないイマージブミステリーが作れたらとても面白いのではと思う。

どうにも「嘘」をつくゲームというのは、批判や敵対というのを招いてしまう。

殺人も嘘も必要ないイマージブミステリーは、マーダーミステリーの新しいテーマになるのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました